漫画

3年越しビフォー&アフター


以前のブログ記事でもちょろっと触れたことのある、私の過去のボツネームの中でも一番未練がある作品『愛と勇気と』。
3年前に原稿練習と称してアナログで描いたものがあったので、それのリメイクをしてみよう!と思い立ちました。

ちなみに1年半以上前に描いた勇気はこちら。 ai_yuuki_20150128
去年単体で描いたはこちら。 0329_osake
数ヶ月に1回は描いているキャラクターなので絵柄の変化(というほど変化してないですが…)が見れて面白いですね。なんだか恥ずかしいですが。

作品自体は本編・番外編合わせて200頁以上あります。完結済み。
で、1話あたり30頁超えてしまっている上話ごとにページ数がバラバラなのでちゃんと統一させたり話を分割したり新しいエピソード加えたりしてからちゃんとリメイクしてみたいですね。
どこで誰に見てもらっても番外編の評価ばかり高いので、「本編のがいい!」って言ってもらえるようなものに仕上げたいです…が、今はあくまでも新作メインで制作しているのでしばらく先の着手になりそうです。
その番外編の練習原稿もあるのでいつかそれもリメイクしてみたいです。
死ぬまでにはなんとか仕上げたい。

さて本題です。

まず恥ずかしくて載せるのを躊躇うレベルである3年前のブツ(アナログ)。

※セリフはいつか公開したいのでネタバレ防止のため隠しております

ai_to_yuki_01 トーンを貼るまでに至れませんでした。当時お金なかったので…。
場面としてはお風呂から出てきた勇気と皿洗いを終えたが何かを話しているところです。
1Kに住んでる設定。5コマ目は部屋からのアングルですね。
構図・表情・画力…何をとっても残念極まりない出来です。でも当時はこれが精一杯の完成度だったんだと思います。

お次は最近描いたオールデジタルのブツ。
ai_to_yuki_02
トーン無し版も。 ai_to_yuki_03 さすがデジタル、仕上げがふつくしい。
ネームを読み返してみて「あぁきっとこの時このキャラクターはこういう心情だからもっとこういう表情をするだろうな」と思い、表情やアングルを微妙に修正しました。
セリフはほとんど変わっていないのですが吹き出しの分割などちょっとだけ変更してみたり。
台所や部屋のレイアウトも変更。たぶんちゃんと作品をリメイクする頃にはまた変わっている予感がします。笑

最近の私個人の課題で、「デジタルデジタルしすぎないようにする」というものがあります。
今年7月発売のミラクルジャンプに掲載されました「コイカツ!」はものすごくデジタルデジタルしている…。描いている時は気づかなかったというか自分の中で違和感はなかったのですが、掲載されて初めて気づく事が多かった気がします。
プロの作家さんの作品と並んでるからこそ尚更あらが目立つといいますか…。

そんなこんなで自分なりに原因を探ってみて、少しずつ描き方を変えている最中であります。
手ブレ補正を完全にオフにしてみたり、線の強弱も力の加減で太くしたり細くしたりするのに加えて自分の線で描き足して太くしてみたり。
背景はなるべくトーンを使わないようにしてみたり(そもそも背景が苦手なので一番の課題ですね…)。
トーンをベターっと貼るだけでなくハッチングで影を描くようにするとかなんとか…普通みんなやってるよ!っていうようなことも今更になってやっと気づいて取り組んでいるさまです。

さすがに3年前のものと比べると画力も上がったような気がします。いや上がってないと困るけど!
私が3大漫画制作で苦手なものが背景・ツヤベタ・トーンワークなのですが、ツヤベタは前よりもぽく描けるようになったかな…でもまだまだですね。
絵柄的にツヤベタを入れるべきなのか、あえて入れないべきなのか(描きたくないとかでなく!)、そこもちょっとまだ研究中です。

…とまぁ何だかまとまりがない記事になってしまいましたが以上です。
過去作品のリメイクは結構楽しいのでまた機会があったらやってみたいと思います。

最近お仕事の依頼についてお問い合わせをいただくことが少しですが増えてきましたので、なるべく近いうちに(年内には…)実績や受賞歴・掲載歴などを載せた「お仕事の依頼について」的なページを作りたいと思います。
個人的なイラストでも有償のみですがご依頼お待ちしておりますのでご興味があれば是非お問い合わせください。

ではでは。

2 人の方がLike!しました